ナトリ タカシ
名取 隆
NATORI Takashi
所属 テクノロジー・マネジメント研究科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 中堅中小・ベンチャー企業と地域イノベーションを主たるテーマとして技術経営を研究。具体的には中堅中小・ベンチャー企業の経営戦略、産学連携等による技術開発・新製品開発・人材育成、地域ビジネス・地域プロジェクト・行政経営等におけるイノベーションなどを研究している。

研究内容の概要を述べる。......第一は中堅中小・ベンチャー企業における知的財産戦略の業績への影響に関する研究である。私は過去の研究において、中小企業は自社の知的財産権(特許権、実用新案権)の蓄積を業績(売上、利益等)に反映させていないことを統計的に実証し、その要因は知的財産戦略の不備にあると結論づけた。今後はさらに知的財産戦略の中身をブレークダウンして、どのような活動が業績に直接的に影響を与えているのかを定量的に検証する研究を行いたいと考えている。......第二は中堅中小・ベンチャー企業の経営戦略に関する研究である。特に成長企業、高収益企業の経営戦略(グローバル・ニッチ戦略等)の分類とそれぞれの得失の分析を行う。......第三は中小企業の産学連携による新製品・サービス開発の事業化における課題と方策に関する研究である。中堅中小企業が新製品・新サービス開発を成功させるためには、大学の持つ研究資源、人的資源が非常に有効であると考える。ところが、大学からの技術移転によって新製品・新サービスの開発に至っても、事業化段階で行き詰まることが多い。そこで、マーケティング、人材確保などの面から事業化の成功条件を研究で明らかにする。研究方法として中堅中小製造業企業が産学連携によって新製品・サービス開発の事業化に成功した複数の事例と失敗した複数の事例を取り上げ、それらの比較分析によって成功及び失敗要因を明らかにする。