オカダ シマ
岡田 志麻
OKADA Shima
所属 理工学部 ロボティクス学科
職名 准教授
言語種別 日本語
研究概要 医療や福祉分野での応用を目指し,ヒトの生理量や感性量を無拘束に計測,評価し,その情報を機器にフィードバックする技術の研究開発.

これまでの研究においては,健康や福祉に関わる研究に携わり,医療機器の研究開発にも携わっている.いずれの研究においても,工学と医学の境界領域の位置付けとなり,研究開発する機器の対象は「ヒト」である.しかし,一概に「ヒト」といっても,年齢や性別,心身の障害や疾病の種類等によって,機器に必要な機能は異なる.つまり,個人の特性に応じたテイラーメード機器が必要となる.
 個人にあったテイラーメード機器を開発するためには,個人の特性を明らかにしなければなならない.しかし,「ヒト」の生理機能や感性量は明らかにされていない部分が多く存在するため,個人の特性となる生理量や感性量を計測・評価する新しい手法の開発が必要となる.生理量や感性量を計測,評価する新しい方法の提案,更に評価した生理量や感性量を機器にフィードバックする研究を行っている.