ハシモト タケシ
橋本 健志
HASHIMOTO Takeshi
所属 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科
職名 教授
研究期間 2018/06 ~ 2020/03
研究課題 運動を具現化する新規異種細胞間輸液制御モジュールを活用した細胞機能連関研究の挑戦
実施形態 科学研究費助成事業
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 挑戦的研究(萌芽)
科研費研究課題番号 18K19762
キーワード 代謝, 骨格筋, バイオチップ, サルコペニア, 細胞培養, 脂肪, 自動回収, 肥満, 運動
代表分担区分 研究代表者
代表者 橋本 健志
概要 引き続き、筋・脂肪細胞へ刺激を強度、時間、頻度を変えて適用する。その際、配管流路を介して筋と脂肪の異種細胞間での培地輸液制御を試行する。当該モジュールにおいて、筋収縮に相応して脂肪細胞にカテコラミン刺激を加え(刺激の同期)、各細胞からの代謝物が他方の培養系へ流入するシステム構築に挑戦する。即ち、筋-脂肪細胞培養システムにおいて、運動状態を世界に先駆けて具現化する。細胞コンディションに相応した機能連関要素の抽出と作用機序の同定を図る(共培養現象の解析と意義の発見、確認)。