ゴトウ カズシゲ
後藤 一成
GOTO Kazushige
所属 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 スポーツ競技力向上および健康増進をねらいとした運動(トレーニング)、休養(リカバリー)、食事(ニュートリション)方法に関する研究

[スポーツ競技力向上をねらいとした研究]
●低酸素環境でのトレーニングの効果
低酸素環境でのトレーニングが無酸素性能力や有酸素性能力に及ぼす影響を検討している。
●運動が筋損傷や炎症応答に及ぼす影響
一過性の運動に対する筋損傷や炎症応答、また機能性食品の摂取や運動後における各種トリートメントが筋損傷や炎症応答を抑制するか否かを検討している。
●運動が鉄代謝に及ぼす影響
運動が鉄代謝、特に、鉄代謝の調節因子であるヘプシジン(肝臓由来のホルモン)の分泌応答に及ぼす影響を検討している。
●運動時や休息時の機能性スポーツウェア着用の効果
運動時や運動終了後に休息時における機能性スポーツウェアの着用が疲労や運動パフォーマンスの回復に及ぼす影響を検討している。
●暑熱環境での長時間運動時の生理応答
暑熱環境下での長時間運動時の体液バランスや体温調節を検討している。

[健康増進をねらいとした研究」
●運動が糖代謝や脂質代謝に及ぼす影響
運動が筋グリコーゲン代謝や脂質代謝に及ぼす影響を検討している。脂質代謝に関しては、運動に伴う脂肪分解に加えて、呼気中アセトン濃度の変化に焦点をあてて研究を推進している。
●運動が食欲調節に及ぼす影響
運動が食事摂取量や消化器由来のホルモンの分泌応答に及ぼす影響を検討している。
●運動時の環境温の相違がエネルギー代謝、糖代謝、脂質代謝に及ぼす影響
運動時の環境温の変化がエネルギー代謝、炭水化物および脂肪酸化量などに及ぼす影響を検討している。