ミタニ ヒデタカ
三谷 英貴
MITANI Hidetaka
所属 経営学部 経営学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 資本市場とコーポレート・ファイナンスとの間に存在する動態関係の実証的解明

 コーポレート・ファイナンスは企業の財務活動に関する問題を扱いますが,大きく分けて二つの側面があると考えられます.一つは,どのように資本を分配するのかというcapital budgetingの問題であり,もう一つは,どのように資金調達するのかというfinancing decisionに関する問題であります.私は,そのような二つの側面のうち,後者の資金調達活動の側面を研究対象としております.
 コーポレート・ファイナンスにおける資金調達活動の側面は,大別すると二つの枠組みから成立しています.一つは「資本市場とコーポレート・ファイナンス」の枠組みであり,もう一つは「銀行とコーポレート・ファイナンス」の枠組みであります.私は,前者の「資本市場とコーポレート・ファイナンス」の枠組みに関心があります.これは言いかえますと,資金の受け手(資金を需要する側)としての企業の行動に関心があるということです.
 「資本市場とコーポレート・ファイナンス」という枠組みの中にはたくさんの研究テーマがありますが,数あるテーマの中でも,私は,企業の資本構成というテーマに関心があります.企業の資本構成に関する研究は古くからありますが,そのメカニズムをうまく説明できる決定的な理論はいまだに存在しておらず,既存のさまざまな理論を条件付の理論としてしか現象を理解できない状況にあります.つまり,企業の資本構成という研究テーマは,理論的にも実証的にも大いなる発展の可能性を秘めており,いわば古くて新しい研究テーマと言えるわけです.私は,そのように古くて新しい資本構成という研究テーマを通して,資本市場とコーポレート・ファイナンスとの間の動態関係を実証的側面から明らかにするべく,隣接する諸領域(産業組織論・会計学・経営戦略論など)にも視点を広げながら研究を行なっております.