YOSHITOMI Shinta
Department / Course College of Science and Engineering Department of Architecture and Urban Design
Title / Position Professor
言語種別 日本語
研究概要 力学原理に基づく建築構造物の合理的設計法

 建築構造は,建築物の外観や内部空間など建物の形態に関わるだけでなく,地震や風などの様々な外乱に対する安全性や使用性,また建設コストにも直結します.特に近年頻発する大地震の影響を受け,建築構造物の耐震性能を的確に把握する必要性が高まっています.本研究室では,このような多種多様な条件を適切に考慮した構造物の合理的な設計を支援するために,構造力学原理に基づく手法を研究しています.建物構造物の全体形状や各部材の寸法の設計,また建物の振動抑制のための免震・制振システムの設計において,コスト最小化あるいは性能最大化のための最適設計法に基づく合理的設計法を提案しています.また,実際の建物の耐震性能を把握するために,建物の振動計測に基づいて構造性能を解明するシステム同定法に関する研究も行っています.