ヤマダ ヨウコ
山田 洋子
YAMADA Yoko
所属 OIC総合研究機構
職名 上席研究員
言語種別 日本語
タイトル 「ことばとは何だろうか」を「ことばにならないイメージ」から研究しています。
メッセージ もともとは「ことばとは何だろうか」という問いが私の出発点です。小さいときから詩が大好きだったこと、そして心身障害者コロニーで、ことばが出ない自閉症のお子さんと出会ったことが根っこにあります。
 『ことばの前のことば』で豊かなコミュニケーションをしている赤ちゃんの意味世界を見つめる研究をへて、現在はナラティヴ(物語)アプローチによって、さまざまな文化の人々が描く「人生のイメージ」「母と私のイメージ」「病いのイメージ」「死のイメージ」などの研究をしています。
 私の視点の特徴は、イメージや行為や描画や映像など「ことばにならない」側から、生きものとしての「ことば」の生成プロセスを見たいと思っていることです。また、ことばの基礎にある「文化」に大きな関心をもっております。イメージを個人の内側にあるものとはとらえないで、フォークイメージとして、多文化・多声的なビジュアル・ナラティヴとして研究しています。心理学のモデルは暗黙のうちに西欧文化を基礎に構築されてきましたが、日本文化の発想に根ざしながら世界にひらいていくような新しいモデルの提案ができないかと考えています。