ヤマダ ヨウコ
山田 洋子
YAMADA Yoko
所属 OIC総合研究機構
職名 上席研究員
言語種別 日本語
研究概要 生涯発達心理学におけるライフ(人生、いのち)サイクルの理論モデルと質的方法論の構築が大きなテーマである。ことば、描画イメージ、ナラティヴ(語り・物語)にかかわる質的心理学、多文化心理学、フィールド心理学研究を行っている。

1 ビジュアル・ナラティヴによる多文化心理学研究と質的心理学の方法論。
「人生イメージ」、「病いのイメージ」、「母子関係のイメージ」、「この世とあの世のイメージ」「たましいのイメージ」「かわいいイメージ」など、描画を用いた多文化、多世代を横断する心理学研究。質的心理学やナラティヴ論に「ビジュアル・ターン」をもたらす日本文化の伝統を生かす方法論の構築。

2 生涯発達心理学におけるライフ(人生、いのち)サイクルと生命観の理論モデル構成。
人生の意味、死生観、たましい観、「病い」「障がい」を含んだ人生心理学の構築。

3 ことばの発達、ことばとイメージ、ことばと描画、ナラティヴ(もの語り)とインタビューに関する心理学研究。
乳幼児の前言語から言語への発生プロセスの研究、映画のナラティヴ分析、ことばと描画の相互関係の研究、京都の伝統の生成と継承(伝統文化の世代間伝達のインタビュー研究)、インタビュー方法の研究など。