ナカヤマ リョウヘイ
中山 良平
NAKAYAMA RYOHEI
所属 理工学部 電子情報工学科
職名 教授
研究期間 2020/04 ~ 2023/03
研究課題 高解像3次元脳MRIを用いた脳小血管病の血管周囲腔定量評価法の開発
実施形態 科学研究費助成事業
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(C)
科研費研究課題番号 20K08104
代表分担区分 研究分担者
代表者 前田 正幸
概要 脳小血管病は血管性認知症の中核となる病態である。近年の研究から、脳小血管病において高頻度に認められるMRI 画像マーカー(白質病変、微小出血、ラクナ、皮質微小梗塞、血管周囲腔)が確立してきた。これらの画像マーカーは、認知機能と相関することが報告されているが、血管周囲腔に関してはいまだ定性的な評価の域を超えていない。本研究の目的は、独自に開発した高解像3次元 脳MRI と血管周囲腔容積の解析ソフトウェアを用いることにより、血管周囲腔の画像マーカーとしての定量化を確立することである。新しく開発した方法が、脳小血管病による認知症の診断において、高い診断精度を有するかを検討する。