オリカサ ユウキ
折笠 有基
ORIKASA YUKI
所属 生命科学部 応用化学科
職名 教授
研究期間 2015/04 ~ 2018/03
研究課題 Li濃度オペランド定量分析法の開発に向けた電池電極反応機構の解明
実施形態 科学研究費助成事業
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 若手研究(B)
科研費研究課題番号 15K17873
キーワード リチウムイオン二次電池, 第一原理計算, 電極反応, オペランド分析, 正極材料, オペランド測定, リチウムイオン電池, 酸化還元反応, コンプトンプロファイル, コンプトン散乱, 正極, 電子構造
代表者 鈴木 宏輔
概要 本研究において、リチウムイオン電池正極材料LiFePO4にコンプトン散乱法を適用し、本物質の酸化還元軌道はFe 3d軌道であること、ならびにリチウムイオンの挿入・脱離でFe-O八面体構造が歪み電位シフトが起こることを明らかにするとともに、LiFePO4のFe元素をCo元素またはNi元素で置き換えることで、歪みが低減され高電位正極材料となり得ることを示した。その他にも、コイン型リチウムイオン実電池にコンプトン散乱法を適用し、充放電に寄与するリチウム組成変化を正極と負極同時に非破壊で明らかにした。