ヤマスエ エイジ
山末 英嗣
YAMASUE EIJI
所属 理工学部 機械工学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 エネルギーや資源の有効利用に関する文理融合型研究

エネルギーや資源はあらゆる産業の基盤と考えることができます.現在,従来の20世紀型の大量生産・大量消費・大量廃棄型に代表されるフロー型社会から,すでに蓄積されている資産を世代を超えて有効に活用できるような新しい社会,いわゆるストック型社会への転換が求められています.そのためにはあらゆる観点から「リソースロジスティクス」すなわち,資源をどのように得て,どのように有効活用するのかを検討する必要があります.
我々の研究室では,資源・環境制約の下,多次元的(現在・過去・未来,国内・国外)な視点を通じ,「持続可能なリソースロジスティクスの実現」に向けたモノづくりと資源生産性改善に多角的に取り組んでいます.より具体的には,材料科学と環境工学に関する知見を活かした自然科学的アプローチに立脚し,産業エコロジーや環境システム工学といったライフサイクル思考を援用しながら,「ハードとソフトの融合」という学際領域の発展に寄与することを目的として,研究を進めています.現在,具体的なテーマとしては,以下を主に検討しています.
●マイクロ波を用いた革新的低環境負荷型製錬
●メカノケミカル処理が物質の反応性に与える影響
●廃棄物同士の組み合わせによるリサイクルプロセス
●古代技術の再生と経験知のサイエンス
●リン資源の有効利用に関する研究
●基礎物性値測定(熱物性を中心)
●社会科学的アプローチによる材料・プロセスの環境影響評価
●責任ある国際資源循環のための,効率性と健全性を追求した分散型循環生産シナリオ構築に関する研究