キタハラ ダイチ
北原 大地
KITAHARA DAICHI
所属 情報理工学部 情報理工学科
職名 助教
研究期間 2017/08 ~ 2019/03
研究課題 超解像位相アンラップ法の高精度化および高速化に関する研究
実施形態 科学研究費助成事業
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 研究活動スタート支援
科研費研究課題番号 17H07243
キーワード 凸最適化, 位相アンラップ, 凸・非凸最適化, 多項式剰余, 代数的位相アンラップ, 部分終結式, スプライン平滑化, 非凸最適化, 超解像, スプライン関数, ブランチカット, 超解像位相アンラップ, MR画像再構成
代表分担区分 研究代表者
代表者 北原 大地
概要 自己反転型多項式除算によって剰余体などの代数系を定義できれば,符号理論や多項式代数の分野で新たな理論が展開できる可能性がある.また,工学的にも,2次元位相アンラップ法の高精度化やブランチカット型符号推定法の開発により,「合成開口レーダ・ソナーによる地形・海底観測」,「光学式干渉計による精密な3次元形状計測」,「MRIや位相コントラストX線CTによる医療診断」など様々なセンシング技術の精度向上が期待できる.