スガノ キヨヒコ
菅野 清彦
SUGANO KIYOHIKO
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 物理化学に基づく薬物経口吸収メカニズムの解明
活性医薬成分および賦形剤の物理化学的プロファイル

薬物の経口バイオアベイラビリティ(BA)は,医薬品開発の成功に重要な要因です.コンピュータによるBA予測は,高品質の医薬品を開発し,治療価値を最適化する強力な手法になると期待されています.しかし,コンピュータBA予測には大きな課題が残されています.BAは,薬物の物理化学的性質と消化管の生理条件の複雑な相互作用よって決定されます.さらに,消化管内の環境は食物および他の薬物の同時摂取でダイナミックに変化します.
私たちの研究目標は,BA予測の基礎理論を提供することです.そのため,薬物と消化管成分との物理化学的相互作用を分子レベルで実験研究しています.また,その相互作用を記述する数理モデルも研究しています.私たちは,製薬企業と積極的に協力して研究目標を達成し,成果を実際の医薬品開発で実用化していきます.