マンネン タロウ
萬年 太郎
MANNEN TARO
所属 生命科学部 生命医科学科
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 がん細胞でRNA顆粒が融合して核内構造体を形成するメカニズムの解明

 哺乳類細胞の核内には核小体に代表される様々な核内構造体が存在しており、これらの核内構造体は特異的なタンパク質やRNAを集約させることにより効率的なRNA複合体の形成や遺伝子発現制御の場として機能しています。21世紀に入りヒトゲノムの大半からタンパク質を合成しない正体不明なノンコーディングRNAが大量に産生されていることが発見され、その機能に大きな注目が集まっています。近年、ノンコーディングRNAの一部はいくつかの核内構造体の形成の骨格として機能していることが明らかになってきました。これまでに、がん細胞で形成される核内構造体がいくつかのRNAを骨格とする構造体(RNA顆粒)が融合して形成されることを明らかにしました。しかしながら、この核内構造体の形成機構や生理的意義などの詳細なメカニズムは分かっていません。そこで私たちは、プロテオミクス解析を利用してこれらの詳しいメカニズムを解明することを目指しています。