クニエダ サトミ
國枝 里美
KUNIEDA SATOMI
所属 食マネジメント学部 食マネジメント学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 官能評価学

匂いに対する人の感覚や香気成分の特性を知るための方法のひとつに官能評価が挙げられる。この手法は、製品開発などの場面でよく用いられる方法である。官能評価で得られる主観データは、様々な計測機器を用いた測定によって得られた分析値と対応することで、製品開発にとってより具体的な情報を提供することに通じる。特に、食品の風味や香粧品の香りは、他の感覚との相互作用によって、食感や風味のバランス、使用感等にも影響を及ぼし、人々の嗜好性はもちろんのこと、気分や行動にも影響を与える。
匂いの感覚研究を通して、製品開発のための官能評価の設計、官能評価手法の開発、官能評価技術を応用した消費者調査や評価者の育成などを研究対象としています。