サクラダ タケシ
櫻田 武
SAKURADA TAKESHI
所属 理工学部 ロボティクス学科
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 神経系個人差に根ざしたテイラーメード型リハビリシステムの開発

運動機能障害に対するリハビリテーションの一つとして,患者の運動意図を脳波などから検出し,その検出された信号に基づいて適切に患者の運動をアシストするロボット療法と呼ばれるアプローチがある.しかしながら,患者の運動機能に関わる脳からの信号のダイナミクスには個人差があり,画一的な信号処理手法では十分な検出が行えないという問題がある.そこで,神経系における運動関連機能の個人差を考慮したテイラーメードな運動意図検出手法に基づくリハビリロボット制御システムを確立し,患者の運動意図検出能力向上とリハビリテーション訓練効果の最大化を目指す.