イワイ ケンタ
岩居 健太
IWAI KENTA
所属 情報理工学部 情報理工学科
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 (1) 非線形ディジタルフィルタによる音響再生機器の音質改善に関する研究

(2) アクティブノイズコントロールに関する各種検討

(1) 非線形ディジタルフィルタによる音響再生機器の音質改善に関する技術を検討している.動電型スピーカシステムは, 現在最もよく利用されている音響再生機器であり, ホームオーディオシステム, ヘッドホンをはじめ, 補聴器などにも利用されている. しかし, 大音量で音響信号を再生する際に, 非線形歪みを発生させる. この非線形歪みは元の音響信号に含まれない成分であるため, 音質劣化の原因となる. 動電型スピーカシステムの物理的な改良により非線形歪みを低減することは困難であり, 本研究ではこの問題を非線形ディジタルフィルタにより解決することを考えている.
 本研究の内容としては, 非線形ディジタルフィルタの設計法, フィルタパラメータの推定法をはじめ, 歪み低減システムの各種システムへの応用も検討する. 特に, 非線形音響エコーキャンセラへの応用を検討する.


(2) アクティブノイズコントロールに関する研究を行っている. 近年, 工場騒音, 交通騒音など, 世の中には騒音に起因する問題が多く存在するようになっている. 音で音を打ち消すアクティブノイズコントロールは, これらの騒音を低減する有効な手法として, 多くの研究者が様々な手法を提案している. 騒音の消し残りは残差信号と呼ばれ, これが耳障りとなる場合がある. 我々は聴覚心理に基づき, アクティブノイズコントロールシステムを構築できるか検討している. また, 各種騒音に対する適切なシステム構成などについても検討し, アクティブノイズコントロールの実用化についても検討している.