サワノ トシノリ
澤野 俊憲
SAWANO TOSHINORI
所属 生命科学部 生命医科学科
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 脳梗塞時の多彩な組織反応にミクログリアが果たす役割の解明

かつて、一度脳梗塞などでダメージを負った脳には回復の見込みなど無いと考えられていました。しかし、その後の研究によって脳梗塞後に神経回路の再編成が生じることや、脳梗塞巣に多能性を持つ虚血誘導性幹細胞が出現することなどが明らかとなっています。つまり脳梗塞に陥った脳の細胞たちはただ死を待っているのではなく、むしろ組織修復・機能回復に向け、多彩で活発な反応を示しているのだと考えられます。このような環境下で非常にダイナミックな活動を示す細胞がミクログリアです。ミクログリアは脳内免疫を担当するグリア細胞として認識されており、当初は炎症誘導に伴う組織傷害作用ばかりが注目されていました。しかし、現在では栄養因子の放出による神経支持作用や組織修復作用、シナプス剪定による神経回路網の編成など多岐に渡る現象に関与することが明らかになっています。脳梗塞時のミクログリア機能の詳細を明らかにすることで、「脳梗塞に陥った組織がどのようにして修復を試みているのか」、あるいは「そのような反応にもかかわらず、なぜ脳の組織修復は不全に終わってしまうのか」という疑問に迫りたいと考えています。