ワン ユ
王 彧
WANG YU
所属 情報理工学部 情報理工学科
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 実用的なビデオ暴力度のレーティング技術に関する研究

 ビデオコンテンツの「暴力度」に着目し,実用的な暴力度の自動レーティング技術を実現するため,以下の課題に取り組んでいる.(1) 暴力度など抽象性の高い主観的な視覚属性のラベリング作業を容易かつ安定に行うため,相対的な属性値を用いてラベリングする手法を開発し,高品質かつ大規模な暴力度の学習データセットの作成を可能にする.(2) End-to-end形式の深層学習を用いて,人の行動を詳細に認識する手法を開発し,暴力シーンにおける暴力要素の詳細解析を実現する.それによって,暴力度のレーティング技術の基盤を作る.(3) 暴力度などの主観的な属性の認識問題に特有の抽象性・複雑性が高い問題を解決するために,深層学習,グラフィカルモデル,構造学習を統合した複合型認識モデルを開発する.一般的な認識モデルで扱えないデータの内部構造を学習することで,高性能な暴力度レーティングを実現する.