HAYASHI HIROAKI
Department / Course College of Pharmaceutical Sciences Department of Pharmacy
Title / Position Professor
言語種別 日本語
研究概要 薬用植物の二次代謝の多様性の解析とその応用

 高等植物は多様な二次代謝産物を生産し、その中には医薬品として利用されているものも多い。我々は、重要な薬用植物であるカンゾウ属植物とマオウ属植物を研究材料とし、これら植物を自生地で採集するとともに、国内で栽培されている系統を収集している。
 これまで収集した多様なカンゾウ系統から、甘草の有効成分であるグリチルリチン酸の多様な誘導体の単離を進めるとともに、カンゾウ属植物のサポニンの成分組成の異なるカンゾウ属植物系統を用いて、これらの成分変異の原因と考えられる水酸化酵素と配糖化酵素の遺伝子を系統間で解析することで、成分変異の指標となる遺伝子変異を同定するとともに、これらの生合成酵素遺伝子を組み込んだ酵母を用いた生物合成を目指している。 
 また、収集した各種マオウ属植物を用いて、麻黄の有効成分であるエフェドリンとプソイドエフェドリンの含量比の制御機構の解明を目指している。さらに、麻黄の生理活性物質として最近注目されているフェノール性化合物の成分変異についても解析を進め、どのような麻黄が漢方薬原料として効果的なのかを明らかにしていきたい。