ネゴロ リョウスケ
根来 亮介
NEGORO RYOSUKE
所属 薬学部 薬学科
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 医薬品候補化合物の消化管吸収・代謝予測モデルの構築

 錠剤などの経口投与される医薬品は、小腸で吸収されると同時に代謝され、肝臓を経て全身に移行する。そのため、医薬品候補化合物の小腸における吸収及び代謝を予測できるモデルは創薬研究において非常に有用である。現在、ヒト初代培養小腸上皮細胞は入手及び、培養が困難であるため、Caco-2細胞などのがん細胞株やマウスなどの実験動物を用いた評価系が汎用されている。しかしながら、がん細胞株を用いた評価系では薬物代謝能が低いこと、マウスなどの実験動物とヒトとの間には種差の問題があるため、上記のモデルでは精度の高い医薬品の吸収・代謝を同時に予測することができない。
 近年、ゲノム編集技術やウイルスベクターを用いた遺伝子発現制御技術など分子生物学的な研究手法は目まぐるしい発展を遂げている。本研究では、ゲノム編集技術やウイルスベクターなどの分子生物学的な手法を用いて医薬品の吸収・代謝を同時に予測可能なモデルの構築に取り組む。