オガワ ケイコ
小川 慶子
OGAWA Keiko
所属 薬学部 薬学科
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 副作用データベースを用いた医薬品適正使用にかかわる研究
化合物データベースを利用した有用活性化合物の探索研究

近年、データベースを用いた研究は盛んに行われており、多種多様なデータベースが公開されている。

医薬品副作用データベースは医薬品の使用歴等とそれに伴い報告された有害事象をまとめたデータベースであり、様々な角度から医薬品と有害事象発生の関係を検討することが可能である。本研究はデータベースと医薬統計を用いて包括的に有害事象およびその発生条件を収集・整理・解析することで、医薬品の安全性を新たな観点から評価し、適正使用へとつなげることを目標とする。

また、統計解析の手法を応用して、化合物データベースを用いた有用活性化合物の開拓研究も行っていきたい。文献検索や化合物データベースを利用して、特定の活性(もしくは毒性)を示す化合物の構造上の要素を解析することにより、これまで埋もれていた活性化合物の掘り起こしを行う。