スズキ タカシ
鈴木 崇志
SUZUKI TAKASHI
所属 文学部 人間研究学域
職名 准教授
言語種別 日本語
研究概要 現象学の立場から「他者」について考える

私は、ドイツの哲学者エトムント・フッサール(1859–1938)の考案した現象学という方法論を研究しています。そして、この現象学を用いて、「他者」というテーマに取り組んでいます。他者の存在を証明するのは、実はとても難しいことです。私は、自分の心を内側から感じ取るのと同じようにして他者の心の中に入り込むことはできないからです。しかし、私はたしかに他者と出会い、他者が私にとってどうでもいい存在ではないことを、痛いほどに思い知っています。こうした「出会い」や「思い知り」において経験されているものを厳密な言葉で説明することが、私の研究の目標です。