シミズ タケシ
清水 剛志
SHIMIZU TAKESHI
所属 生命科学部 応用化学科
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 多電子酸化還元反応を示す活物質を用いた、高性能蓄電池の開発およびその反応機構解明

 多電子酸化還元反応を示す物質を新たな正極活物質のターゲットとし、高容量と優れたサイクル特性をもつ蓄電池の開発と評価、その充放電反応機構の解明を行っています。電気化学および放射光をベースとした測定手法により、正極活物質の電池性能と充放電反応機構を関連付けることで、高性能蓄電池の新しい反応原理・現象を見出すことを研究目的としています。その研究の一例としては、酸化還元活性なジスルフィド配位子と金属イオンからなる金属有機構造体があり、電池作動中に可逆なS-S結合の酸化還元反応(電気化学的動的S-S結合)が起きることがX線微細構造分析から明らかとなり、次世代電池の一つであるリチウム硫黄電池の新しい設計指針となる知見を得た。