タニムラ ミドリ
谷村 緑
TANIMURA MIDORI
所属 情報理工学部 情報理工学科
職名 准教授
発表年月日 2020/03/20
発表テーマ レゴを使った目的指向の多人数・異文化会話コーパスにおけるスタンスの表明
会議名 思考と言語研究会
主催者 電子情報通信学会
開催地名 大阪電気通信学会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
国名 日本
開催期間 2020/03/20 ~ 2020/03/20
発表者・共同発表者 谷村緑,竹内和広,吉田悦子,仲本康一郎,山口征孝
概要 本稿では,相手の面子や自身のイメージを保つために, 会話の参与者がどのように人称代名詞I, we, youを使い分けて自身のスタンス(態度)を表明するのかを時系列で明らかにすることを目的とする.先行研究ではスタンスと間主観性(intersubjectivity)の関係,知識状態に対する認識とその表現方法などが検討されてきた.しかし共有知識が参与者間で段階的に構築される共通基盤(grounding)の形成時に,スタンスがどのように間主観的に表明されるかについては十分に研究されてはこなかった.本研究では,我々研究グループが構築した会話コーパスを用いて,第二言語話者による同意,不同意といったスタンスの表明が間主観的行為をささえる共同注意と各話者の知識量に依存することを示す.