マツイ ダイスケ
松井 大亮
MATSUI DAISUKE
所属 生命科学部 生物工学科
職名 助教
研究期間 2014/04 ~ 2017/03
研究課題 アルドキシムーニトリル経路の酵素類の有機合成への利用と生理学的意義の解明
実施形態 科学研究費助成事業
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(B)
科研費研究課題番号 26292041
キーワード Geobacillus sp., Rhodococcus sp., アルドキシムーニトリル経路, ニトリルヒドラターゼ, アルドキシム脱水酵素, 光学活性ニトリル, Bacillus sp., アルドキシム―ニトリル経路
代表分担区分 研究分担者
代表者 浅野 泰久
概要 Bacillus sp. OxB-1由来のアルドキシム脱水酵素(Oxd)を用いて、ラセミ体2-(E/Z)フェニルプロピオンアルドキシム(E/Z比99:1)から、2-(S)-フェニルプロピオニトリル (98%ee)を合成した。Arabidopsis thaliana由来のCYP79A21とOxdを大腸菌で同時に発現し、フェニルアセトニトリルを合成した。Bacillus sp. OxB-1およびRhodococcus sp.YH3-3の全ゲノム解析を行った。Geobacillus sp.315由来のニトリルヒドラターゼ(NHase)を、R. rhodochrous J-1由来のそれと比較した。