キム ジンテ
金 辰泰
KIM Jintae
所属 OIC総合研究機構
職名 助教
言語種別 日本語
研究概要 有事におけるポストクライシスも見据えた上での企業によるNPO/NGOを巻き込んだ上でのマルチセクター連携の牽引を通じた企業・社会のレジリエンス向上方法

ESG投資やSDGsの台頭により企業のサステナビリティ経営の重要性が説かれてきたが、日本企業ではコロナウイルスによるパンデミックのような有事においてはNPO/NGOとの戦略的アライアンスに対する投資が劣後されがちである。しかしカタストロフは企業および社会のエコシステムのレジリエンスを向上させる機会となり、ポストクライシスにおける市場のルールを根底から覆していく端緒となるため、海外企業はNPO/NGOネットワークを駆使しアフタークライシスを見据えた上での対策を仕込む。このようなクライシスが数十年ではなく数年単位で起こる不確実性の高い現代において、有事の時こそ「我が社はどう生き残れるのか」ではなく「社会をどうより良くできるのか」を企業が問い、本業を通じた社会貢献によりいかに待ったなしの経営改革を進めるべきかを、実際に大企業もNPO/NGOも巻き込みコロナ感染拡大に対するマルチセクター連携を推進していく中で突き詰めていく