タケハマ アサミ
竹濱 朝美
TAKEHAMA Asami
所属 産業社会学部 現代社会学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 気候変動(温暖化)に関する環境教育、消費者部門における二酸化炭素削減策の研究
メッセージ 気候変動(温暖化)に関する消費者環境教育、消費者部門における二酸化炭素排出削減策、温暖化対策、グリーンコンシューマーおよび環境型ライフスタイルを研究している。①気候変動については、気候変動の否定的影響予測、日本地域における農業生産および水資源への影響、温室効果ガス排出削減シナリオ(emission paths)、気候システムの慣性および時間スケールに関して、消費者に対する環境教育の必要性を重要している。②家庭からの温室効果ガスの削減政策について、海外の政策との比較研究を進めている。家庭からの温室効果ガス排出の削減には、現在の大量消費スタイルを転換することが不可欠であるにもかかわらず、いまだ、有効な方法が見出されていない。少消費スタイルへの転換と温室効果ガス削減を進める観点から、消費者部門における二酸化炭素削減策、環境ラベル、食品のフードマイレージなどを考察している。 ● 研究の特徴、重点:①気候システムの慣性(inertia)、温暖化影響予測、排出削減シナリオに関して、消費者に対する情報提供と環境教育の役割について、おもにEUにおける政策との比較研究を重視している。②気候変動と食糧生産の関係について、研究している。気候変動・温暖化が食糧生産および食糧自給率に与える影響、食糧生産における温室効果ガスの削減政策、フードマイレージの研究を行っている。