サトウ ミツル
佐藤 満
SATOH Mitsuru
所属 政策科学部 政策科学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 日本の政治の政策過程モデルを追求
メッセージ 政策科学担当者として立命館大学・法学部に赴任してすぐに新学部(政策科学部)の設立に関わることになった。法学部時代は政策科学講義の担当者として、政策科学に関わるあれこれを広く話していたが、新学部設立後、移籍してからはもっぱら政治過程論、政策過程論を講義している。ときおり、学部の入門系のオムニバス講義(「公共政策」とか「政策科学入門」とか)で、少し大きめの話をさせられるとき、法学部で行っていた「政策科学」講義のことを思い出す。
 大学院での指導も、行政法の先生などと組むリサーチプロジェクトで現代の政治行政の現場に出かけてヒアリングを行ったりする関係で、元来、理論傾斜の強い研究を行ってきたつもりなのだが、現場の記述分析、政策提言系の研究にも手を染めてきた。指導することになった院生たちも、私の本来の領域である政策過程分析系が多いことは多いのだが、最近は選挙研究を行っている人たちもいて、面白い。