マツモト ヤスノブ
松本 保宣
MATSUMOTO Yasunobu
所属 文学部 東アジア研究学域
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 唐王朝の政治システムと権力構造
メッセージ 唐王朝は魏晋南北朝以来続いてきた、軍事・政略に秀でた皇帝の威信による統治から、北宋の巨大行財政国家への移行期で、いわばカリスマ英雄の時代から、官僚制の「鉄の檻」へと転換した時代といえます。その為、長安や洛陽の宮廷では、個性的な人格が活躍する劇的な政変が継起する一方で、夥しい諸制度・儀礼の産出とその体系化が模索された「システム構築」の時代でもありました。現在の私の関心は、宮城で挙行された皇帝の御前会議を定点観測の場として、そこで演じられた皇帝・宰相・官僚・宦官達による宮廷政治の展開─荒々しい武力クーデターから、制度構築による洗練と合理化への苦闘─を解明することにあります。