HATANAKA Toshiyuki
Department / Course College of Business Administration Department of Business Administration
Title / Position Professor
言語種別 日本語
タイトル 歴史における身分と社会について考える
メッセージ 研究専攻分野は、日本近世史(社会経済史)。主たる研究テーマは、日本近世社会の身分史的研究。たとえば、村落社会における「百姓」村と「かわた」村との諸関係の在り方を通じて、その身分構造を明らかにしていく研究課題に取り組んできた。また、最近の研究では、雪踏(雪駄)などの履物の生産・流通・消費の構造から、近世社会の身分(身分制)の問題を考えている。
 著書(単著)としては、『近世村落社会の身分構造』(部落問題研究所刊)、『「部落史」を問う』(兵庫部落問題研究所刊)、『「部落史」の終わり』(かもがわ出版)、『学校がなんぼのもんやねん』(清風堂書店)、『「かわた」と平人-近世身分社会論-』(かもがわ出版)、『雪踏をめぐる人びと―近世はきもの風俗史―』(かもがわ出版)、『身分・差別・アイデンティティ―「部落史」は墓標となるか―』(かもがわ出版)、『身分を越える―差別・アイデンティティの歴史的研究―』(阿吽社)がある。
 本学では、主として教職課程教育を担当している。