キヌカワ ヒロトシ
絹川 浩敏
KINUKAWA Hirotoshi
所属 経営学部 経営学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 十五年戦争期の日中文学交流の史的究明
メッセージ '86年立命館大学文学部を卒業しました。専門は中国現代文学、特に日中十五年戦争期の日本と中国の文学的交流に興味を持っています。日本が中国に侵略していたこの時期、意外にも多くの中国人青年が日本に留学し、日本(日本語)を通して、世界の文学思潮及び日本の文学思潮を学んでいました。特に全面戦争に突入する直前の'32年から'37年には中国人留学生の数はひとつのピークを迎えていました。彼らは日本の侵略にはもちろん反対でしたが、一方で戦争に反対する立場の日本人や反ファシズムの世界の思潮を学んでいました。政府間では戦争が行なわれていましたが、一般国民のレベルでは連帯していたのです。また、留学生たちは、全面戦争後帰国し、日本で学んだことを生かして、抗敵(日本と戦うこと)に参加し、文学の世界では指導的立場に立ちます。彼らの思想的文学的営為は50年以上経った今日を生きる私たちに多くの事を教えてくれます。