イチキ アツシ
市木 敦之
ICHIKI Atsushi
所属 理工学部 環境都市工学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル フィールドでの成果を環境政策に反映
メッセージ '89年に立命館大学理工学部を卒業して大学院へ。以来、一貫して本学で、汚濁物の流出解析をテーマに研究してきました。「我々の都市活動に起因した汚濁物がどういった経路で堆積・流出を繰り返しているのか、またそれをどのような方法で制御すれば最も効果的か」といった議論を行い、学位論文に。こうした成果を実際の環境計画や政策に如何に反映させていくか、が現在の命題のひとつです。もともとの研究対象は比較的ローカルなものでしたが、'94年のびわこ・くさつキャンパス移転を機にフィールドを琵琶湖集水域にも拡げ、キャンパスの内外を駆け回っています。目下、学生と始めたバスケットチームが県のリーグでなかなか勝ち上がれないのが悩みでもあります。