KITAO HIROYUKI
Department / Course College of Letters Human Studies Program
Title / Position Professor
言語種別 日本語
タイトル 価値多元社会における規範正当化問題を研究
メッセージ 高校時代に恩師をとおして哲学という学問に出会い、「これしかない!」と思って京都大学文学部に入学。'80年卒業後、大学院に進学し、京都外国語大学講師・助教授を経て、'96年より本学文学部へ。価値観の多様性が当然とされる現代社会にあっては、各人が自由を謳歌できると同時に、逆にそれが原因となってさまざまな紛争が起きているといってもよいでしょう。そうしたなかで、いったいいかなる規範が、いかなる根拠によって正当とみなされうるのかという問題に、カントの道徳哲学、近年のドイツにおけるコミュニケーション倫理、アメリカにおけるリベラリズムを手掛かりにして取り組んでいます。また、既存の規範の有効性が問い直されるという意味で、生命倫理や環境倫理にも取り組んでいます。趣味の将棋は20年近くブランクがありましたが、最近、小学生の息子に手ほどきを始めました。また、台所に立つのも大好きです。