ナカニシ ノリコ
中西 典子
NAKANISHI Noriko
所属 産業社会学部 現代社会学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 ポスト福祉国家の官民/公私関係の再構築と地域的アクターおよびローカルガバナンスの可能性に関する比較社会研究

ナショナルかつ中央集権的な「福祉国家」から、グローバルで分権的な「福祉社会」=「ポスト福祉国家」の諸相について、従来の官主導であった「公共」概念の再検討を通じて、「公・共・私」あるいは「官・民・協」の役割関係のあり方から考察する。とくに、民間の非営利・協同組織やボランタリー組織、コミュニティ組織など、多様な社会的アクターがそれぞれの公共的役割を担いつつ相互の活動を認識し、必要に応じて連携していけるような身近な場=「地域社会」の形成に着目しながら、政府のガバメントに対する地域社会のガバナンスのあり方や方向性を展望していく。かかる地域社会のガバナンスに関しては、福祉国家の伝統的モデルでありかつポスト福祉国家段階においても「官民パートナーシップ」の先駆的な実践を蓄積してきている英国の経験を踏まえつつ、英国とは異なる歴史的・社会的・政治的・文化的脈絡を持つ日本の現実に照らして、理論的・経験的に明らかにしていく。