ヤマウチ ヒロノリ
山内 寛紀
YAMAUCHI Hironori
所属 理工学部 電子情報工学科
職名 上席研究員
言語種別 日本語
タイトル 生物進化を模擬したコンピュータ自動設計法の研究
メッセージ コンピュータは、集積回路(LSI)技術の飛躍的な進歩により、年々高性能になりそして複雑になっています。これは、ここ50年の間のできごとです。そして今後も、LSIの継続的発展が約束されており、10年後には、数千のマイクロプロセッサを、小さいシリコンチップの上に集積し、それらを協調して並列処理させる時代を迎えるはずです。しかしこれは、非常に複雑なシステムであり、正しく設計するのが困難になりつつあります。しかし、このようなコンピュータシステム以上に、人間は複雑なシステムです。そしてこれは、35億年という長い時間での、生物の進化と淘汰の繰り返しの積み重ねによって到達したものです。神が設計図を引いて作ったものではありません。個体が、少しずつ差のある多くの次の世代の個体を発生し、それらが、適者生存の生き残り競争を行うことにより進化してきたわけです。また、1個の受精卵から機能分化し、人間の体が組織される発生の仕組みはすばらしいものであり、さらに学習により、知識を獲得していく過程には目を見張るものがあります。私は、この様な生物の発生、学習、進化の仕組みを取り入れ、仕事内容と制約条件とを与えることにより、数百、数千のマイクロプロセッサが、自律的にネットワークを構成して、それぞれがなすべき仕事が適切にスケジューリングされるシステムを開発する研究を行っています。35億年の進化を数十分でエミュレートできるような、進化促進手法が重要です。工博(東京大学)