ODA Misako
Department / Course College of Law Department of Law
Title / Position Associate Professor
言語種別 日本語
タイトル 中国法、アジア法の模索
メッセージ 中国法をはじめとするアジア法に対する需要、その研究の必要性は日増しに増大しておりますが、一方で「中国法とは何か」「アジア法は成立しうるのか」といったことが問われおり、法整備もさることながら、法の運用、人々の法意識など、検討すべき課題は山積しております。今後は中国法と日本法の比較法的検討のみならず、アメリカ法等も視野に入れて、これらの壮大なテーマに少しずつ着実に取り組んでいきたいと考えております。  立命館大学法学部助手、外務省在外公館専門調査員、立命館大学法学部助教授を経て、現職。趣味は映画鑑賞、水泳、旅行。