サキヤマ マサキ
崎山 政毅
SAKIYAMA Masaki
所属 文学部 国際文化学域
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル ラテンアメリカ近現代思想史の多面的研究、およびマルクスの『資本論』を軸とする資本主義の理論分析
メッセージ 第一に、マルクスの『資本論』の新たで精確な読解を通じた理論研究。第二に、第一の成果を基礎とした、イスラーム金融の理論分析。第三に、民衆思想史を軸とするラテンアメリカの社会思想史研究。それと並行して、①ペルーの先住民族ケチュア出身で、クスコで初の専門的写真館を開き、風景写真とポートレイトにおいて世界写真史に記名される数々の作品を遺した、マルティン・チャンビの総合的研究、② ①と深く関わるラテンアメリカにおけるアヴァンギャルド運動の研究、③ ①②と連動した、ラテンアメリカにおけるコミンテルン活動の研究、④歴史上最初のジェノサイド告発の公的記録となった、ロジャー・ケースメントの『コンゴ報告』とそれに続く『プトゥマヨ報告』の、ジェノサイド研究の視座からの研究。これらを並行的に進めながら、それぞれが絡み合う歴史の底流と理論の追究を行っています。