サキヤマ マサキ
崎山 政毅
SAKIYAMA Masaki
所属 文学部 国際文化学域
職名 教授
発表年月日 2008/10/26
発表テーマ The Present Significance of Discussing Karl Polanyi"(SAKIYAMA); "Contemporary World, Global Dominance and Polanyi's Theory"(NISHITANI); "The Impact of Study on Karl Polanyi for Europe and Japan"(NAKAYAMA); "Karl Polanyi in Wien"(Cangiani); "Polanyi befor "The "Great Transformation"(Thomasberger)
会議名 Considering the Significance of Karl Polanyi's Work toward 21st Century Hopes、held at the 33rd Annual Meeting of the Society for the History of Social Thought
主催者 社会思想史学会
開催地名 慶應義塾大学三田キャンパス
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 SAKIYAMA, Masaki; NISHITANI, Osamu;NAKAYAMA, Chikako; Michel Cangiani; Klaus Thomasberger