オオツカ ヨウコ
大塚 陽子
OTSUKA Yoko
所属 政策科学部 政策科学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 福祉先進国におけるジェンダー問題
メッセージ 立命館大学を拠点に渡り鳥をし、巣に戻って参りました。'89年本学文学部卒業後、会社勤務を経て、2つの大学院へ進み('94年, University of Warwick, 文学修士, および'96年, 本学, 国際関係学修士)、その後1年間のデンマーク派遣を経て、'99年本学で博士号(社会学)を取得。さらにDanish National Institute of Social Researchでの2年間の派遣勤務を終え、'03年より現職。専門は福祉政策とジェンダー。福祉先進国北欧におけるジェンダー問題を国際比較的な視点から研究しています。北欧では高齢者ケアについてはもはや家族の(家庭における女性の)責任ではありませんが、子どもケアに関してはまだジェンダー矛盾を生み出す要素となっています。その原因は「親個人」ではなく「2人親」を単位としたケアサポート制度にあるのではないかというのが私の仮説です。最近は共同養育型のひとり親家庭の実態と福祉制度との関わりに関心をもっています。