WAKAYAMA Mamoru
Department / Course College of Life Sciences Department of Biotechnology
Title / Position Professor
言語種別 日本語
タイトル 環境調和型触媒である酵素の基礎と応用
メッセージ 酵素は地球が長い年月をかけて育んできた生命に由来する天然高分子触媒です。常温常圧というマイルドな環境の下で反応を行なわせることができる上、使用後もアミノ酸などの原材料としてリサイクルが可能であります。この様に、酵素は省エネルギーという点のみならず、使用後に生命を育むために再利用できるという点からも、真に環境と調和した触媒と言うことができるでしょう。私は、酵素が有する機能、例えば、基質特異性や反応特異性などの発現機構に興味を抱くとともに、酵素工学の立場から、それらの機能を改良し、目的により適した高機能を賦与することを研究課題としております。具体的には、これらの酵素を食品、医薬、環境の諸分野に応用し、食品の味やテクスチャーの改良、未利用バイオマスの食品基材への変換、医薬品原料の低価格合成法開発への利用、微量生体成分の酵素定量法の開発、環境破壊物質の酵素を利用した除去法の開発を今後とも展開していきたいと思っております。趣味はテニス、スキー、釣り、音楽。