タナカ ケンイチロウ
田中 賢一郎
TANAKA KENICHIRO
所属 情報理工学部 情報理工学科
職名 准教授
研究期間 2018/06/29 ~ 2021/03/31
研究課題 光計測と信号処理の融合による次世代アクティブ計測技術の開発
実施形態 科学研究費助成事業
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 挑戦的研究(萌芽)
科研費研究課題番号 18K19822
キーワード コンピューテーショナルフォトグラフィ, コンピュテーショナルフォトグラフィ
代表分担区分 研究代表者
代表者 田中 賢一郎
概要 本研究の目的は,アクティブ光計測技術と情報通信分野で発達した高度な信号処理技術を融合した,新たな光計測技術を確立することである.本年度は、サブテーマの一つである、新しい計測システムの設計に取り組んだ。これまでのアクティブ光計測は,映像投影用のプロジェクタがそのまま光源として利用されてきた.本研究では,様々な変調方式を時間・空間・波長など複数の次元において実現することを目指しており,高速・高解像度に駆動できるデバイスが必要である.そのため,理論の実証のためのプロトタイプとして,高速駆動光源・デジタルマイクロミラーアレイを組み合わせた多機能なプロジェクタ・カメラシステムを設計した.
本年度では、Time-of-FlightカメラとDigital Mirror Devices を用いた新しいプロジェクタカメラシステムを構築した。これにより、時間・空間双方の次元において、光を符号化できるようになった。また、従来計測に時間がかかっていた広範囲かつ高精度な計測を、リアルタイムに計測できるアルゴリズムを考案し、構築したデバイスを用いて、実証実験を行った。実際に、広範囲かつ高精度な計測を召集の計測で行うことが実証された。本成果は、IEEE International Conference on Computational Photography に口頭発表として採録されるなど、国際的にも高く評価された。